トピックスTOPICS
一覧へ
2019年以降計画
2019年度にミニレベラーとジャンボスリッター更新を予定しております。
2018年8月
大型レベラー更新
老朽化した大型レベラーを最新鋭のレベラーに更新 加工精度向上
2018年6月
クレーンガーターに置場センター確認装置を導入
鋼製コイル置場に対し常にセンターに置くことができるようになり工場内の安全性が確保
2018年2月
母材ヤードのコイルストッパーを枕木から鋼製コイルストッパーに変更
鋼製コイルストッパー(接触面はリプラギ)にすることで安全性向上と品質管理が向上
2018年1月
スリッター工場に自動走行ラック導入
スリッター工場3号棟に設置し製品コイルを自動走行ラックに置くことで空間利用が可能
また、クレーンを使用せずに移動が可能 またラックごとの製品管理が可能となった
2017年6月
全工場に大型ファン・冷風装置を導入
働きやすい環境作りを進めております。
2014年2月
母材入庫クレーンに位置管理システム導入
クレーンに重量センサーを取り付け XYZ軸にて母材の空間管理 システムと連動
2014年2月
新業務システム更新。
サーバー、クライアントを全て入れ替え次世代に。